休職中ケアマネのゆるい暮らし

46歳男性既婚ケアマネがいろいろあって適応障害の診断を受けて仕事を休んで家にいる日常を綴ります。男性でそこそこがんばってきて、そこそこの年齢で、いったん立ち止まった人と共感できればいいなと思います。

家のことを見直してみたよ(クルマ編)

我が家には2008年に新車で買ったフリードというホンダの車があり今年の11月に車検なのですが、9月15日に事故を起こしてしまいました。わたしがコンビニの駐車場に頭から突っ込んで停めており、用事を済ませて車に乗りスイッチバックして出ようとバックさせていたところ、コンビニの看板にぶつけてリアガラスを粉々に割ってしまったのです。

f:id:Chopin1018:20210922121733j:image

〈読み飛ばしてくださいここから〉

その看板は鉄の棒で一本足で立っているタイプで、地上1メートルくらいのところに四角いローソンの看板がついているちび太のおでんのような形で、リアカメラの画像しか見ていないわたしは鉄の一本足だけが見えていて、ぶつかって初めて看板に気づいたような体たらくでした。

すぐ車から降りて周りに人がいないことを確認し、とりあえず今まで止めていた駐車場の位置まで車を戻しエンジンを切りました。ひとつ大きく息を吸い車を降りてローソンに向かい、店長さんに看板にぶつけてしまったことを話すと驚かれましたが一緒に看板を見てくれました。その看板はローソンの本部管理で店舗では管理していないとのことだったので、その地域を統括するスーパーバイザーさんに一報を入れ、ぶつけてしまった謝罪をしました。警察に連絡し事故証明を作ってもらい、保険会社に連絡しレッカーで保管してもらいホンダの修理工場に運んでもらうよう手配をし、と連絡をしている間にローソンの店長さんが散らばってしまったリアガラスの粉々の破片を掃除し始めて下さってたのであわててほうきとちりとりとを借りて掃除させてもらいました!

そうこうしているうちにレッカーが来て車を引き渡すことができたので、ローソンの店長さんにわたしの連絡先と免許証と車検証のコピーを手渡してトボトボと歩いて帰りました。家についてもしばらく呆然としていましたが、とにかく単独事故でよかった誰も巻き込まずによかったと思いその日は休みました。

〈ここまで〉

 

翌日とにかく不便でレンタカー特約にも入ってなかったので、近所で一番安かったガッツレンタカー1週間10,780円のホンダライフナビETCなしを借り、今後のことを決めるべくホンダの営業所に向かいました。そこには変わり果てた姿の愛車があり、それを見た瞬間、直して連れて帰ってやりたい想いに駆られました。

実は事故を起こしてからホンダの営業所に行くまでの三日間でヨメと相談して、もう13年も乗ったしそろそろ買い替えよう、今後も親の介護とか通院付き添いもあるからスライドドアのフリードにしよう、でも新車は値落ち幅が大きいから3年落ちくらいの程度の良い中古車にしよう、予算は乗り出しで200万現金一括にしよう、と言うところまで夫婦で話を詰めてホンダの営業所に向かったのです。

修理の見積もりとしては後ろのハッチ全交換で30万円という予想の範囲内の数字でした。車検の見積もりはオイル交換やらなんやらで19万円ほどで、タイヤも7年使っているのでそれも入れれば50万円を超えます。13年乗った車に50万円かけるか・・・と迷ったところに営業さんは新車の見積もりを出してくれました。

新しいフリードで決算時期のため大幅値引きで乗り出し価格で250万円。実際同じ型の車も見せてもらい、とても良い車であることはわかりましたし、10年以上お付き合いのある営業さんの熱意も伝わって来ましたが、どうしても心がときめきませんでした。新しい車を買う時、しかも新車を買う時なんて普通ワクワクするはずなのに全く心が湧き立たなかったのです。営業さんはヨメと新しい車の色について話をしていましたがそれを遮り、やっぱり直してほしいとお願いしました。もう10年以上前のことですが子供を亡くした時の深夜の病院からひとり、運転しながらわんわん泣きながら帰ったことを思い出しました。ヨメが妊娠した時にうれしくてうれしくて買ったクルマだったのです。もうあのクルマがうちの車庫に戻らないなんて、事故でお別れなんてあり得ないと思いました。いつか別れの日は来ますが、その日は事故ではなく自分で決めたいと思ったのです。

営業さんはわたしの思いを汲んでくれ、修理の日程を組んでくれ、その日は帰ることにしました。帰りの車中、ヨメは「あんたの本音が聞けてよかった。やりたいようにしよう。」と言ってくれました。後日、修理の完了は10月8日になるとホンダさんから連絡があったので、もう2週間延長して車を借りるべくガッツレンタカーに連絡し、21,560円(安!)払って来たところです。