休職中ケアマネのゆるい暮らし

46歳男性既婚ケアマネがいろいろあって適応障害の診断を受けて仕事を休んで家にいる日常を綴ります。男性でそこそこがんばってきて、そこそこの年齢で、いったん立ち止まった人と共感できればいいなと思います。

家のことを見直してみたよ(和室編3)

昨日畳が完成して来ました。やっぱり畳屋さんが鬼のような手際の良さで6枚の畳があるべき場所に収められました。

f:id:Chopin1018:20211003135712j:plain

この畳の下に隠し穴があるとは誰も思うまい

畳をはがした時に現れたナゾの穴の件ですが掘りゴタツのある暮らしが夢だったわたしは見積りを出してもらったのですが、掘りごたつの部材だけで20万円でそれに配線工事代とか含めると25万を超えるとのことだったので、今のわれわれにはゼイタクだと判断し今回は掘りごたつは見送ることにしました。畳の下の穴は外敵から襲われたときの逃げ道として使うことにする、とヨメに話しましたが「いったいぜんたい誰があなたを襲うのかそんな暗殺されるような要人なのか」のようなことを言われ憤慨し「わかってないな・・・」と思ったため、これ以上この話はしないことにしました。

 

とにかく障子の張り替えふすまの張り替え畳の表替えと続く、17年もほったらかしにしていた和室の見直しアクションはこれにてひと段落とすることにします。