休職中ケアマネのゆるい暮らし

46歳男性既婚ケアマネがいろいろあって適応障害の診断を受けて仕事を休んで家にいる日常を綴ります。男性でそこそこがんばってきて、そこそこの年齢で、いったん立ち止まった人と共感できればいいなと思います。

デイケアに通って

12月20日

 

デイケア通いは続いています。

3日くらい前に音楽プログラムがあって、それに参加しました。

外部から音楽療法士の先生が来て、ウクレレやらギターを弾ける人は弾き、ハンドベルを使う人もいて、楽器も貸してくれる仕組みになっていました。

曲も童謡とかじゃなくあいみょんとかback numberとか今ふうの曲を、少ないコードで弾けるよう編曲されており、楽譜に運指表もあって、なんとかなるようにしてくれてました。

ぼくはウクレレを借りて弾いてみましたが、楽しかったです。

実家がバイオリン教室だったので少し楽譜は読めたのですが、ここ20年は楽器を触っていなかったのですが今回のプログラムでウクレレに触って、アタマをからっぽにして無の状態になることができました。

20年忘れていた感覚でした。