休職中ケアマネのゆるい暮らし

46歳男性既婚ケアマネがいろいろあって適応障害の診断を受けて仕事を休んで家にいる日常を綴ります。男性でそこそこがんばってきて、そこそこの年齢で、いったん立ち止まった人と共感できればいいなと思います。

休職中なのに夢の国に行ってきたよ

3月9日〜11日

夢の国に行ってきました。高校の同級生家族が奈良から来るということで、夢の国で現地集合です。

ワタシとヨメは9日11時ごろ家を出て、車で現地に向かい、特に渋滞もなく、浦安のひとつ手前の葛西で降り、クルッと回って高速の高架下をくぐって、TDRのモニュメントを左に見ながらランド駐車場も左に見ながら海を右手の気持ちいい道を全力疾走し、元サンルートを過ぎたあたりで左折し、右に現れた我らがヒルトンに入るべく中央分離帯をちょっと緊張しつつ横断し、ホテルロビー階のある二階への坂道を登りエントランス前でヨメと荷物をおろし、ワタシひとりで車をパーキングに入れると・・・なんと!パーキングがみたこともないようなガラガラっぷりで愕然としました。いつもならどこに停められるか、屋根がないところでがまんするか、エントランスからもめっちゃ遠いところに仕方なく停めるか、また停めてるクルマも県外ナンバーで苫小牧とか、大阪とか、地方の高級車がぎっしり並んでいるパーキングなのに・・・と一瞬思いましたが、遠慮なくエントランスに続く階段の一番近くに車を停め、トコトコとヨメの待つフロントまで階段を登りました。

時間は12時すぎだったのもあるでしょうが、ホテル内は本当に利用客が少なく数えるほどで、ディズニーストアも8時〜14時の短縮営業で、コーヒーショップも夕方からの営業で、空いているのはコンビニだけでした。時間的にチェックアウト客もひと段落し、これから到着する客(我々のことですが)もこれからでしょうし、と思いとりあえずフロントに向かいました。

チェックインのときも空室が多いのか2段階アップグレードしてくれラウンジへのアクセス権がもらえ、無事キャリーを預けて昼食に出かけました。リゾートラインの駅まで歩き、リゾラの2日間券を買い、舞浜駅まで戻り、イクスピアリでパンケーキを食べ(2人で8000円!)、ボンボヤージュまで腹ごなしに歩き、おみやげを少し買ってホテルに戻りました。

舞浜駅前は制服を着た女の子2人組がめっちゃいて、昼過ぎからパークに入るってことは地元の子かなあって思いました。めっちゃ小さいバッグ一個で、午後からパークに来る人もいれば、ぼくの同級生みたいに何ヶ月も前から計画して、有給を取って新幹線に乗ってくる人もいるし、いろんな人がいるなあと思わざるを得ません。

舞浜駅周辺にはめっちゃ人はいましたが、夕方でもホテルはスッカスカで、もらったラウンジでも人はまばらで、ゆっくり飲むことができました。

翌朝ディズニーシーで、同級生家族と記念写真を撮り、SNSにあげ、ほかの同級生にサプライズを仕掛けることに成功しましたとさ!

とにかくパーク内の8割は学生で、若い子たちにまじってぼくはダッフィーの着ぐるみを着てミニーとグリーティングの写真を撮り、それなりに楽しんできました。やっぱり学生が多いので、カナレットとかの単価高めのレストランは我々の年齢層が多く見られ、空席もちらほら見られました。ワゴンフードの列が目立ち、やっぱり日帰りの卒業ディズニーが多いように見えます。

2020年ぶりのシーで、今回もビッグバンドビートのスタンバイパスは外れました。

もうコロナ前からビッグバンドビートを見れていません。同級生家族はソアリンはあきらめたそうです。一日一回抽選の一発勝負のシステムまじでなんとかなりませんかね。

 

ってか高校生の女の子みんなスカート短いな!