休職中ケアマネのゆるい暮らし

46歳男性既婚ケアマネがいろいろあって適応障害の診断を受けて仕事を休んで家にいる日常を綴ります。男性でそこそこがんばってきて、そこそこの年齢で、いったん立ち止まった人と共感できればいいなと思います。

好奇心を持ち続けるということ

今日は10月16日(土)ですね!

14日に任天堂からメールが来ていました。Nintendo Switch有機EL版の抽選を申し込んでいたのですが、二回目の抽選で当選したとのことです!もうすぐ誕生日なので自分へのプレゼントとしようと思い、すぐ注文リンクをタップしたのですがまあ決めることが多い多い!

まず本体が白なのかカラーなのかは購入時に決めなければならず、これはカラーを選んだのですが、カラーを選んだらコントローラとコードの色を各8色くらいから選びます。この時点で256通りくらいの組み合わせがあって、その次にSDカードを買うか買わないか容量をどうするか、ゲームソフトをどうするか、ケースを買うか、などなど付属品がいっぱいあって決めきれなかったので、そっとページを閉じて先延ばしすることにしました。

17日までに支払いを済ませないと権利が消滅するので、昨夜酔いに任せて注文作業を再開し、なんとか色を決め、SDカードは512GBのものが売り切れだったのでAmazonで注文することとし、ゲームもとりあえずマリオパーティの新作が今月末発売だったので、それもAmazonで注文することにし、支払い作業を完了しました。

しかし本当に目移りするモノがいっぱいありますね!昔懐かしいゲームウォッチの復刻版?っていうかゼルダゲームウォッチとか僕ら世代なんて欲しいに決まってるじゃないですか!あとswitchで使えるファミコンのコントローラーとかこんなん絶対買いますよね。2Pコントローラのマイクでゼルダの耳の大きな敵をやっつけた時の感動は今もありありと覚えています。

小学校の時に欲しくて欲しくてたまらなかったファミコンを叔母が買ってくれ、イーアルカンフーやらアイスクライマーやらスパルタンXやら死ぬほどやって、横山三国志を読んでからの光栄の三国志とかマジで朝までやってました。時が経ち就職して上京して通勤の東横線から綱島あたりで光栄の社屋を目の当たりにして思わず声が出てしまった上京組は僕だけじゃないはずです。

小学生のころファミコンは14800円くらいで、それから中学・高校・大学となぜかゲーム人生が途切れ、結婚してからWii3ds任天堂畑を歩んできた私ですが、今回のswitchは37,980円だそうです。なかなかな額ですが、これで10年楽しめると思えば罪悪感も軽くなります。今月末に到着予定だそうなので、今からゲームの進歩が楽しみでなりません。

休職中の生活について

今日は10月12日ですね。

6月12日から休職に入ってちょうど4ヶ月がすぎました。一年の1/3っていうとすごい時間です。

それだけ働かなくても傷病手当金が毎月20万円くらい出るので飢えることはなく生活できます。今まで健康保険料を給与からコツコツ天引きされていたからこその恩恵です。しかも来週は沖縄に旅行にも行っちゃいます。頭狂ってますよね休職中なのに。でも行きます。行かないと狂っちゃうから。生きるために旅は必要だからです僕にとって。

8月くらいまでは引きこもりみたいな生活でした。コロナ禍も東京の感染者数が5000を超えたりして、2週に一度の心療内科の受診以外、外にも出かけられないし出かける気にもならなかったし、本当にぐうたらしてました。8月に入った頃からいろいろ昔好きだったことを引っ張りだして、人生の棚卸をしていました。そこで高校くらいから青春18きっぷで旅行してたことを思い出して、めっちゃ久しぶりに青春18きっぷを買って旅に出ました。

このブログで書いたとおりでしたが、やっぱり青春18きっぷの旅は青春そのもので、当時ボロボロだった米原や大垣の駅舎がめっちゃキレイになってたりして、車両も車両についてるトイレもめっちゃキレイになってたりして、育った大阪もただの通過点になってたりして、人生の時間の経過を感じずにはいられませんでした。

時間の経過といえばひとことで終わっちゃうんですが、その時間が過ぎたことを確認し楽しむという作業を、旅することでできたので楽しかったのです。以前訪れた時があったから、その時との違いを楽しむことができて楽しかったのです。

それはその場所が変わったというのもあるし、自分が変わったというのもあります。建物が建て替えられてきれいになったなあ、あったはずの店がなくなったなあ、自分の食べる量が変わったなあ、行きたいと思う場所が変わったなあとか。

以前と今とを比べられるということは幸せなことだと思います。以前もその場所に来れたし、今回も来れたということだからです。旅行なんてなかなか行けないことだし、年に一度行けるかどうかという人もいっぱいいるでしょう。

歳を重ねたら旅行ができなくなる日も来るでしょう。フィジカル的に歩けなくなったり、食べる量が減ったり、食べられなくなったり。社会的にはみどりの窓口も減って、銀行の窓口も統合されて、オンラインで操作の仕方がわからなくて切符さえ買えなくなったり。いつかそんな日が来る前に、もちろん時代についていくための努力は続けますが、とにかく後悔しないようにいろいろ行ってみたいと思っています。

今は休職中で、人生の中でも割と時間は自由に調整できる時期であり、コロナ禍でも感染者数が減ってきて移動に罪悪感も感じずにできる時期なので、このチャンスに旅行に行ってこようと思います。また感染者数が増えてきたら楽しむための移動なんてできないでしょう。

Gotoトラベルもまた始まるでしょう。どうしても海に入りたいので、それを待たずに行くことにしました。休業中なのに旅行ができる自分は本当に幸せだと思っています。もうしばらく海外旅行なんてできないでしょうから、それに備えて貯めていたマイルやホテルポイントを全部吐き出して大好きな旅行に行ってきます。僕にとって人生は旅であり、旅は人生なのです。

体のことを見直してみたよ(歯)

せっかくの休職期間なので、こんなにまとまった時間は取れないと思い歯科に行って来ました。以前よりわたしは寝ている間の歯の噛み締めが強いらしく、右下の奥歯がわずかですが揺れており、今後年齢と共に歯茎が下がって来た時に抜けやすくなるので、今できることとしてはマウスピースを作り、夜寝るときはそれをはめて寝てはどうかと言うアドバイスを以前から頂いていたのです。頂いていたのですが人間もう歯が痛くて生活がどうにもならないとか切羽詰まらないと動きませんから今日まで延ばし延ばしにしていたのですが、歯を失って食の楽しみを失うのはどうしてもイヤなので、これを機にマウスピースを作ってしまうことにしました。

私が通う歯科は自宅から最寄りであることが選定理由だったのですが、全くたまたまなのですがほかの歯科医院の歯科医師が研修に来るような大変優秀な歯科であるらしく、HPを見ても「アクセス」のところに「最寄りの駅から」の一般的な地図の他に、「最寄りのICから」の道路地図、「最寄りの新幹線駅から」の路線図、果ては「羽田空港から」「成田空港から」と、それ需要ある?と聞きたくなるような「アクセス」の充実っぷりなのでした。

受診時にその「アクセス」の充実っぷりについて受付で伺ってみると、「海外の駐在員さんが帰国したときに来られることがあるから」という至極真っ当な返答が得られ、本当に空港からのアクセスの需要があることが判明し、少しでも需要の有無を疑った私は心の中だけで謝罪したのでした。

ここの歯科医院の優秀さは数年前に親知らずを抜いた時の痛くなさっぷりから十分認識しており、今回のマウスピースを作るときも型取りで一度、完成して装着で一度、実際に1週間使ってからの調整で一度、ときっちり三回で勝負を決めてくる鮮やかさで、フィット具合もバッチリでマウスピースの扱い方の説明やら歯の磨きかたの指導やらも懇切丁寧で今後の私の歯科生活?も充実したものになりそうでした。

マウスピースをはめた状態での睡眠はけっこううっとうしいもので、不要なら使いたくないものです。口の中に異物があるわけですから慣れるまでけっこうかかりましたが、信頼する例の歯科が言うことですから、年齢を重ねても歯が使えるように今も渋々使っています。使い終わったら朝、流水で流してから入れ歯ケース状のものに入れ、消毒の泡をかけて終わりなのでお手入れ自体はそんなに手間はかかりません。

ただ例の歯科はとても時間に厳しく、完全予約制なのです。コロナ禍前から飛び込みは受け入れていないようです。その変わりうっかり予約飛ばしを防ぐため前日にSMSで予約確認のメッセージが入ります。あと予約の時間は呼ばれる時間なので、例えば11時予約なら11時までに車を駐車場に入れ、受付に診察券を提出し、待合室で座っている必要があるのです。11時に診察室のドアが開いて名前が呼ばれる、と言うわけなので当日は朝から油断ができません。待つ、ということがとても少ないのです。やはり世界中から患者がくる歯科はちがうなあ、といつも来るたびに思い家路に着くのでしたできればあんまり来たくはないですが。

続きを読む

家のことを見直してみたよ(クルマ編2)

先日ぶつけてしまったクルマのフリードの修理が終わったとの連絡が入り、本日受け取りに行きました。予定では10月8日だったのでずいぶん早い仕上がりです。さっそくレンタカーのライフでホンダのディーラーに向かい涙の再会をしました。後部ハッチをまるまる交換とのことでしめて280,983円!再会の涙もあっという間に乾きました笑。ビシッとカードで支払いその足でレンタカーを返し、次にタイヤ交換へ。

うちのクルマは2008年登録なのでもう結構な車歴のおじいさんなのですが、2013年頃に一度タイヤ交換をしてからそのまま乗っていたので、ガソリンスタンドで給油のたびにタイヤ交換を勧められるのもうっとうしくなり、今回の車検と同時にタイヤを交換することを決めたのです。

タイヤの値段なんて知りませんから、相場を知るためにまずオートバックスに行ってみました。国産メーカーでまあまあなレベルで53,000ちょいくらい。次に最も近所のタイヤ館に行こうとしたところ、車道から店に入ろうと指示器を出したところから店員さんが誘導をしてくれ、駐車までちゃんと見てくれ、ドアも開けてくれました。建物は古かったですが軽く感動し、「タイヤを替えにきました」と用件を伝えるとさっそくいろいろ見せてくれました。まあまあさっき同じレベルで52,000ちょいくらいでオートバックスと値段はそんなに変わりませんが、自宅から一番近いというのとなにより最初の対応でもうここで買おうとココロ内では決めていました。決めていましたがダメ元で「もうちょいなんとかなりませんか?」と言ってみたらうえの人に問い合わせてくれ、48,000まで下げてくれました!言ってみるもんですね!

f:id:Chopin1018:20211008133828j:plain

新しいタイヤはゴムのにおいがつよい!

その場で交換することを決め店内で待っていると、「もう1ランク上のタイヤで次期モデルが出たのでメーカーに返品しようと思ってたやつがあるんですが、50,000でよかったら・・・」と申し出てくださったのでもちろんお願いしました。ものの20分で作業は完了し支払いし乗って帰ったのですが、直進はともかく右折左折のハンドリングが軽いのなんのって!あと静か!すごいなエコピア!と驚きそのままUターンして店に戻り「このタイヤすごいですね!」とやや興奮ぎみに店長さんに申し上げたところ「あ・・よかったですね・・」とこいつそれ言うために戻って来たのかよ感がにじみ出たまあまあ引きぎみの笑顔で答えてくれ、本当にそれだけ言って帰って来ました。助手席のヨメもおんなじ顔をしていましたとさ。

続きを読む

体のことを見直してみたよ(シモ2)

最初の受診は7月でしたが、手術の予約はもう既にいっぱいで最短で10月2日でした。

いつもの泌尿器科では手術はしていないとのことで、さらに紹介を受けたクリニックで手術を受けることになりました。費用は11万円を現金で。術前・術後の処置も込み込みの自費治療とのことでした。真性包茎の場合は保険適用ですが、仮性包茎の場合は自費とのことでした。手術当日は13時30分集合の指示だったのですが、外来が多く時間が押して15時ごろから始まり18時ごろに終わりました。

下だけ全部脱いで看護師のおばさんがバリカンで剃毛してくれ、医師が入室して仙骨部に麻酔の注射を打ちました。仰臥位になり私の下半身が見えないようつい立てを置いてくれたあとは下半身は見えませんでしたが、陰部周辺に追加の麻酔を打っているようでした。それから「じゃあはじめますね」の医師の言葉のあとしばらくは感覚もなく私は目をつぶっているだけで、陰茎をいろいろされているんだろうなあという感覚でした。麻酔ってこんなにすぐ効くんだすごいなあと思っていましたが1時間くらいでだんだん痛みが戻ってきました。皮の切除は終わっているようでしたがその後の縫合の段階で、針を皮膚に通す時のチクチクが感じるようになって来たのです。だんだんチクチクだけではなく陰茎の切ったところの痛みも戻ってきました。

皮膚を切ったのだから痛いのは当たり前ですが、これは我慢することではないと思ったので「痛いです」と申告すると麻酔を追加してくれたようでした。再び麻酔が効くまでのあいだ、「ああこれは割礼だなあ」「この痛みを乗り越えて、この歳になってやっと大人になるんだなあ」とか考えながら脂汗をかいて痛みに耐えていました。麻酔が効き再び縫合がチクチク始まりました。麻酔を追加したとはいえ痛みはゼロではなく針を入れるチクチクは感じました。麻酔を強くするとむくみが出て縫えなくなるからあと10分だけ我慢できる?とのことだったので我慢すると返事をしました。目隠しされての拷問シーンを映画などでみますが、あれがなぜ苦痛なのかというといつ終わるのかがわからないからで、あと10分とか我慢すべき時間がわかっていれさえすれば人間はなんとか耐えられるものだとその時初めて知りました。

幸い予告の10分を待つことなく「はい終わりました」と声がかかり、ようやく手術が終わりました。しばらく陰茎の根本を圧迫して止血され陰部洗浄され(初めてされました)つい立てが外され体を起こし、自分の陰茎を見ると赤黒く内出血をしているような色でした。今まで皮がかぶっていたところがぷるんと出ていました。思ったより小さくてがっかりしましたが、ああこれが現実なんだなとも思いました。切った後の今まで長年お世話になった皮を見たいとも思いましたが、もう処理されてどこかに行ってしまったようでした。

これから1週間、切り傷跡を1日一回消毒をして、軟膏をぬり、包帯を巻いてテープで止めるやり方を教えてもらい、起き上がって身支度をするように言われました。衣類を整えて歩いて診察室を出ると急に尿意がおそってきたので急いでトイレに行きました。

包帯でぐるぐる巻きの陰茎をズボンのチャックから出し便器に向けて排尿すると、左前方に尿が飛びました。同時にポタポタと血液が出たので驚きましたが、皮膚を切っているのであたり前だよなあと思い、服を汚さないようにうまく拭いてからズボンにしまいました。こういうこともあろうかと男性用の尿取りパッドを下着の内側に貼っておいて本当に良かったです。これがなかったら下着からズボンから血が染み込んで帰りの電車は乗れなかったでしょう。

診察室に呼ばれ、1週間後に術後の様子を診せに来るよう予約をとり、処置用のガーゼやら軟膏やらと抗生物質と痛み止めをもらい、その日は終了になりました。

今まで皮がかぶっていた亀頭が外に出たので、一歩踏み出すたびに下着にこすれ亀頭がこそばゆい感覚になりましたが、こんなもんだよなあと平気なふりをして電車で帰りました。

自宅に帰り妻に終わったことを伝えましたが「そう」とだけ言われ、見る?と聞くと笑っていや、いい、とのことでした。

出血は続き、帰りの駅のトイレでもポタポタ血がしたたり、家のトイレでもガーゼが赤く染まるほどポタポタは続きました。これが明日も続くようなら病院に連絡しようと思い、ポタポタを流せるよう浴室でガーゼを外し、消毒し、軟膏を塗ってガーゼを交換し、抗生物質と痛み止めを飲んでその日は寝ました。

痛みで起きることもなく朝を迎え、トイレでは出血はあるもののポタポタほどではなく、でも出血はあるのでまた浴室でガーゼ交換を行いました。

生活はいつも通りで良い、お酒もシャワーもいつも通りでも良いとの医師の指示でしたがしばらくは全くそんな気は起きず、痛くて仕方ないので痛み止めを3・4時間おきに飲み、同時に血染めのガーゼを交換するようなそんな2日目でした。食欲もなく性欲なんて起きるわけもなく、毎日飲んでたビールも飲む発想さえ湧かず、そんな2日目でした。

3日目の朝あたりからようやく目立つ出血はおさまってきて、ガーゼに赤みがつく程度になりました。それでも食事と同じような間隔でガーゼ交換・痛み止めを飲む感じで、ようやく衣類を汚す心配がなくなってきました。

4・5日目は朝立ちも起きるようになり、さすがにその時は糸が入っているせいか痛みを感じますが、なんとか日常に戻ってきた感じがしています。ようやく明日、術後の診察ですが多分順調なので、帰りに飲みに行こうかと思うくらい気持ちが上向いてきています。

本当にこの休職の時期じゃなかったらできなかった決断だったと思いますし、この先の人生で亀頭包皮炎の心配を減らせたことは本当に心が穏やかになりました。また男としての何か大切なものを取り戻すことができたらいいなと思っています。

続きを読む

体のことを見直してみたよ(シモのこと)

包茎手術を受けました。ひとつうえの男になりつつあります。

というのも亀頭包皮炎というのを2年おきくらいに繰り返しており、その度に泌尿器科に受診に行くのにうんざりしたからです。

亀頭包皮炎というのは包皮と亀頭の間にカビ・雑菌がたまり炎症を起こすというもので、基本痛痒いです。包皮がひび割れみたいに出血し、雑菌やカビが原因なのでそれらをやっつけない限り自然治癒はないそうです。私もそう思います。

ただなんとなく痛痒くなったレベルの時はお風呂でキレイに洗って数日して治ったこともあったと思います。しかしまた後日、本格的に包皮にひび割れができるときがあり、症状が進んで血のにじみが出て下着を汚す段階になったところでひとりで隠せる段階ではないと観念し、妻に打ち明けました。洗濯やらで気付かれる前に言ってしまおうと思ったからです。

妻にモノを見せたところ「うわっ」と声をあげ、これはとにかく診せた方がいいと言われました。言われましたがなに科にかかればいいのかもわかりません。とにかくシモのことは他人に言いにくいのです、恥ずかしいのです。介護職で10年以上も入浴介助やらオムツ交換やらをやって来ましたが、恥ずかしいものは恥ずかしいのです。

私は高血圧もあり毎月内科に通院しているのですが、妻のつぎにそのかかりつけ医に相談し横のつながりで間違いのない泌尿器科を紹介してもらい、早速受診し薬を処方してもらったところ、ものの2日ほどで痛み痒みがなくなり、あっという間に赤みも引いて完治しました。入浴時に薬用の石鹸で患部を洗って菌・カビの数を減らし、軟膏で菌を殺すという作戦が当たりそのときは完治しましたが、やはり適切な治療を早めに受けることは大切だということを痛感した一方で、シモのことで受診するのは恥ずかしく、その恥ずかしさが受診を遅らせることはあるのだと思いました。

今回はじめに相談したのは妻でしたが、痛み痒み出血がなければ妻にさえ内緒で済ませたかったですし、その次のステップである信頼するかかりつけ医に打ち明けるのでさえ同性同年代とはいえ恥ずかしかったです。泌尿器科なんて行ったこともなかったですし、喜んでいく人なんていないでしょう。たまたま相談できる妻とかかりつけ医がそばにおり、紹介先の泌尿器の先生の指示が適切だったため治療が短期間で終わったのはラッキーだっただけです。

実際その後2年に一度くらいのペースで亀頭包皮炎を繰り返し、その度に泌尿器科に通い、治療を受けることになりました。使う軟膏も菌やカビの種類によって効く・効かないがあり長引くこともありました。

尿の中の栄養が亀頭についた菌やカビを増やして炎症を起こすことが主な原因だそうです。亀頭包皮炎は包茎の人に多く、排尿時に包皮をむいて排尿し、終わったらペーパーで拭くことである程度は防げるとのことで実践していたのですが、なかなかうまくいきません。

今46歳で既に結婚しているので、自分さえ我慢すればパートナーに迷惑もかけないだろうとも思いましたが、今後おじいさんになっても悩み続けるよりは時間のある今のうちに根本的に対処してしまおうということにし、手術の予約をしました。

 

 

会社に連絡してみたよ(2021年10月編)

6月12日から休職が始まり早4ヶ月が経とうとしていますが、何が気が重いって会社のことを考えるときです。とはいえ傷病手当金をもらっているし、社員として現状の報告義務はあるので定期的に連絡はしています。特に報告の間隔は決められているわけではないので、会社から郵便物が届いたときやこちらから送った時に上司が連絡しやすいようにとLINEを教えてくれていたので、そちらで報告をしていました。会社の社内メールはどうしても開けられなかったのです。

今回は10月12日からさらに2ヶ月お休みをもらうための医師の診断書と9月分の傷病手当金の証明書を会社に送ったのでその手続きを依頼することと、現状の報告を社内メールで送ることにしました。久しぶりに社内メールにログインすると難通過の事務連絡メールが受信されました。きっと上司が会社のことを考えなくても良いように配慮してくれたのでしょう。

さて、報告の文面を作ることになるわけですが、考え過ぎても時間は過ぎてしまうのでもう正直ベースでパッと作ってパッと送ることにしました。現状何時に起きて何時に寝ていること、眠剤がないと眠れないこと、2週に一度心療内科の受診を受け、毎週火曜にデイケアに通っているが休みがちなこと、置きっ放しの荷物は気になるが今後のことはまだ考えられないことなど、長く書こうと思えば書けるのですが考えすぎると足がすくむので、ありのままを簡潔に書いて誤字脱字がないことだけを確認してとっとと送信ボタンを押しました。

すると20分ほどで返信が来ました。ちょうど私のことを考えていた時にメールが来て嬉しかったこと、今後のことはまた話したくなったら話してくれたらいいので今はまだ休んでいていいとのこと、これまた上司らしい事務的で簡潔だけどどこか温かみのある文章で救われました。

ちょうどコロナ禍の緊急事態宣言明けで、長く帰省できていなかった妻を実家に帰していたタイミングで、話し相手がおらず気持ちが内向きになりがちだったところだったので、本当に救われました。

上司の言葉で、まだ休んでいいんだ、と言うことが肯定されたので本当に気持ちが楽になりました。かと言って何か特別なことをするわけでもなかったのですが、なんとなくトイレ掃除をして、その日はゆっくり過ごしました。

続きを読む